• 放射線治療とは
  • 受診希望の方へ
  • 設備紹介
  • 患者様の声
  • 手術との成績比較
  • 研究・業績
  • スタッフ
  • 入局案内
ホーム  >  お知らせ  >  詳細

お知らせ

2014/11/17 強度変調回転照射(VMAT)を用いた肺のピンポイント照射(体幹部定位照射)の治療成績について

 

当施設での強度変調回転照射(VMAT)を用いた肺のピンポイント照射(体幹部定位照射)の成績が Radiation Oncology 誌(2014年 9巻 243ページ)に掲載されました。
title sbrtvmat paper.jpg

2010年10月から2013年12月までの期間に照射した症例の成績です
原発性肺癌:51症例 転移性肺腫瘍:16症例 (表1)
末梢病変:PTV-D95に50Gy/4分割(古い症例) → 55Gy/4分割(最近の症例)
中枢病変:56Gy/7分割
観察期間中央値:9か月(最長:39か月)
原発性肺癌では3年目の局所制御率:92%(図1)
ステロイドを投与した放射線肺臓炎は9%
sbrtvmat table.jpg
↑ 表1
sbrtvmat fig1.jpg
↑ 図1
sbrtvmat fig2.jpg
↑ 図2
sbrtvmat fig3.jpg↑ 図3

 

文責:東京大学医学部付属病院 放射線科 山下英臣

ページトップ