• 放射線治療とは
  • 受診希望の方へ
  • 設備紹介
  • 患者様の声
  • 手術との成績比較
  • 研究・業績
  • スタッフ
  • 入局案内
ホーム  >  お知らせ  >  詳細

お知らせ

2019/03/25 情報開示文書(オプトアウト) 医療画像の画質改善に関する包括研究

【研究課題】
 医療画像の画質改善に関する包括研究


【研究機関名及び本学の研究責任者氏名】
 研究機関      東京大学大学院医学系研究科 生体物理医学専攻 放射線医学講座
 研究責任者   中川 恵一 准教授
 担当業務      データ収集・匿名化・データ解析


【共同研究機関】
 研究機関      九州大学マス・フォア・インダストリ研究所
 研究責任者   鍛冶 静雄 准教授
 担当業務      データ解析


【共同研究機関】
 研究機関      相模原協同病院 放射線治療科
 研究責任者   福原 昇 部長
 担当業務      データ収集・匿名化


【研究期間】
 承認日から2023年08月31日まで


【対象となる方】
 2010年01月01日から2023年08月31日までに東京大学医学部附属病院放射線科放射線治療部門および相模原協同病院放射線治療科で放射線治療を加療された方。


【研究の意義】
 放射線治療においては、治療時の患者さんの位置決めのために、コンビームCTやメガボルトCTなどの医療画像が撮像されます。これらは撮像方法の簡便さや被爆の少なさと引き換えに低画質であり、画質を改善することは放射線治療を高精度化させるという点で重要な研究課題であると考えられています。


【研究の目的】
 当院及び相模原協同病院にて放射線治療が行われた患者さんの過去の医療画像を用いて、画質改善の新しい方法を構築することを目的とします。


【研究の方法】
 この研究は、東京大学医学部倫理委員会の承認を受け、東京大学医学部附属病院長の許可を受けて実施するものです。これまで診療目的で取得された医療画像や診療録を収集して行う研究であり、特に患者さんに新たにご負担いただくことはありません。
 また共同研究を目的として、記録媒体の郵送等により、相模原協同病院放射線治療科から匿名化された医療画像が提供されます。


【個人情報の保護】
 この研究に関わって収集される情報・データ等は、外部に漏えいすることのないよう、慎重に取り扱う必要があります。
 あなたの医療画像は、解析する前に氏名・住所・生年月日等の個人情報を削り、代わりに新しく符号をつけ、どなたのものか分からないようにした上で、診療を受けた施設において当院放射線科治療部では中川恵一(管理責任者)が、相模原協同病院放射線治療科では福原昇(管理責任者)が、個人情報管理担当者のみ使用できるパスワードロックをかけたパソコン等で厳重に保管します。ただし、必要な場合には、各施設においてこの符号を元の氏名等に戻す操作を行い、結果をあなたにお知らせすることもできます。
 相模原協同病院放射線治療科で加療された方の医療画像は、当院放射線科治療部に送られ解析・保存されますが、送付前に氏名・住所・生年月日等の個人情報を削り、代わりに新しく符号をつけ、どなたのものか分からないようにした上で、当院において中川恵一(管理責任者)が、個人情報管理担当者のみ使用できるパスワードロックをかけたパソコン等で厳重に保管します。
 また、九州大学マス・フォア・インダストリ研究所の解析用PCにおいて解析を行う場合は、個人が特定できない匿名化されたデータを、セキュリティレベルが十分であることが確認されたクラウド等のデータ共有システムを用いて、当院から九州大学にデータ移動します。
 この研究のためにご自分のデータを使用してほしくない場合は主治医にお伝えいただくか、下記の研究事務局までご連絡ください。
 研究結果は、個人が特定出来ない形式で学会等で発表されます。収集したデータは厳重な管理のもと、研究終了後5年間保存されます。ご不明な点がありましたら主治医または研究事務局へお尋ねください。

 本研究は、Canonより受託研究資金の提供を受けて実施いたしますが、東京大学医学部利益相反アドバイザリー機関に報告し、利益相反マネジメントを適正に行っています。

 尚、あなたへの謝金はございません。


 2019年3月


【問い合わせ先】
 〒113-8655 東京都文京区本郷 7-3-1
 東京大学大学院医学系研究科 生体物理医学専攻 放射線医学講座
 研究責任者:中川 恵一 准教授
 E-mail:nakagawa-rad@umin.ac.jp
 TEL:03-5800-8667 (放射線治療部門直通電話)
 FAX:03-5800-8935

ページトップ