• 放射線治療とは
  • 受診希望の方へ
  • 設備紹介
  • 患者様の声
  • 手術との成績比較
  • 研究・業績
  • スタッフ
  • 入局案内
ホーム  >  お知らせ  >  詳細

お知らせ

2019/06/04 情報開示文書(オプトアウト) セカンドオピニオンに関する意識調査


【研究課題】
放射線治療およびセカンドオピニオンに関する意識調査(2018[A165])
【研究機関名及び本学の研究責任者氏名】
この研究が行われる研究機関と研究責任者は次に示すとおりです。
研究機関 東京大学附属病院放射線治療部
 研究責任者 山下英臣
担当業務 データ解析
【研究期間】
  2019年12月31日まで
【対象となる方】
すでに外部調査会社でがん患者ならびに一般の方を対象に施行したアンケートの解
析研究です。
【研究の目的】
日本国内でがん患者に対する放射線治療の施行件数が少なく、この要因については
、治療に対する考え方の他に、医師患者間の意思決定方法を関係していると考えられ
る。今研究は一般集団や患者集団での放射線治療に対するイメージや、セカンドオピ
ニオンなどに関するアンケート調査が行われたため、そのデータを解析することで、
日本国内のがん患者の意識の実態を明らかにすることを目的としている。
【研究の方法】
この研究は、東京大学医学部倫理委員会の承認を受け、東京大学医学部附属病院長
の許可を受けて実施するものです。
2017年12月?2018年6月にかけてWeb調査会社マクロミルで実施されたアンケート結
果の解析を行います。当方での利用時にはマクロミルでデータは全て匿名化されてお
り、個人は特定できないようになっております。
【個人情報の保護】
 この研究に関わって収集される試料や情報・データ等は、外部に漏えいすることの
ないよう、慎重に取り扱う必要があります。
 外部調査会社ですでに匿名化されたデータを用いた研究にはなりますが、当研究室
において南谷優成のみが使用できるパスワードロックをかけたパソコンで厳重に保管
します。
研究結果は、個人が特定出来ない形式で学会等で発表されます。収集したデータは
厳重な管理のもと、研究終了後5年間保存されます。なお研究データを統計データとし
てまとめたものについてはお問い合わせがあれば開示いたしますので下記までご連絡
ください。
この研究に関して必要とされる費用はありません。

2

○本研究に関して、開示すべき利益相反関係はありません。

2019年5月

【問い合わせ先】
東京大学医学部附属病院放射線科 講師 山下英臣
住所:東京都文京区本郷7?3?1
電話:03-3815-5411(内線 37408 )  FAX:03-5800-8786
Eメールでのお問い合わせ:minamitani-tky@umin.ac.jp
ページトップ