• 放射線治療とは
  • 受診希望の方へ
  • 設備紹介
  • 患者様の声
  • 手術との成績比較
  • 研究・業績
  • スタッフ
  • 入局案内
ホーム  >  設備紹介  >  小線源治療 - 子宮RALS

設備紹介

小線源治療 - 子宮RALS

ラルスとは?

ラルス (RALS) とは小線源治療の一つで、Remote After Loading System(遠隔操作密封小線源治療)の頭文字を取ったものです。

ラルスとは体の中から放射線を照射(内部照射)する治療のことです。

ラルスは、主に、子宮・気管支・胆道・食道・直腸などの管腔臓器に発生した腫瘍に対して行われます(腔内照射)。
管腔臓器以外にも,舌や骨盤内の腫瘍に対して,直接,腫瘍内に細い管を刺して,ラルスを利用して治療を行うこともあります(組織内照射)。

放射能を持つ物質(線源、当院では直径1cm弱のイリジウム(Ir-192)を使用)を腫瘍の直ぐ近くに設置したアプリケータ内のいくつかのポイントに数分間、静止させることにより、腫瘍へ体内から集中的かつ効率良く放射線を照射することができます。

放射線は腫瘍部位に効果的に照射され,離れた正常組織にはほとんど影響がないので,副作用が少ない治療法です。

子宮頸癌のRALS

子宮頸癌のRALS
RALSの適応疾患の代表的なものとして,子宮頸癌が挙げられます。

子宮頸癌の場合、子宮内に1本のタンデム、膣内には2本のオボイドという名称のアプリケータを設置します。

子宮頸癌の放射線治療においては、外部照射とラルスを組み合わせて治療することで(ラルスは子宮頸癌の全ての病期で必要)根治を目指します。
ページトップ
  • 設備紹介
  • LINAC(ライナック)
  • ガンマナイフ
  • I-131内用療法
  • 小線源治療
    • 前立腺
    • 子宮RALS
  • IMRT
  • 治療実績